So-net無料ブログ作成

「旧車會」摘発が10年で5倍に!? [反社会]

「旧車會(きゅうしゃかい)」というのは元暴走族の人らが旧式の250cc〜400ccくらいオートバイを暴走族風に改造し、集団で走行するチームのことである。

暴走族風の改造というのは以下のようなものである。

いわゆるマフラーを切断し音をうるさくしたり、ハンドルをアップハンドルといい普段より長いもを使用したり、ロケットカウルや三段シートなどを装着したバイクのことである。

画像参照
z_bike.png

実はこの「旧車會(きゅうしゃかい)」、現在ではネットを通じて集まることが多いみたいだ。(実に現代的である。)


「旧車會(きゅうしゃかい)」は成人男女により構成されているため、交通法規を守る団体も多くある。

しかし一方で迷惑行為(蛇行運転など)を行いながら走行する団体もある。

この迷惑行為を行う団体がここ10年で

なんと5倍

にまで増えているそうだ!

警察も取り締まりの強化を検討している。

暴走族風に改造されたオートバイは騒音がひどく、

サービスエリア(SA)などで集団で集まる際に

その見た目の怖さから周りの方達がお店に入れなくなったり、

休憩している人からは

「煩くて寝ることができない」などの苦情が多く発生している。

警察の取り締まり強化により、過ごしやすい街づくりをお願いしたいものだ。


スポンサーリンク






タグ:摘発 旧車會
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。